過去の出題例

目  次

技術基礎問題  【目次へ戻る】

例題1
次の図は、カラーコード表により2KΩの抵抗値を示している。
空欄に当てはまる最も適切な色を1つ選びなさい。

 [1]赤  [2]緑 [3]青  [4]黄

例題2
電圧比とデシベルについて、( )の中にあてはまる正しい数値を1つ選びなさい。
2倍=6dB   4倍=12dB   8倍=( )dB

 [1]14   [2]16   [3]18   [4]20
 

映像基礎問題  【目次へ戻る】

例題3
3D技術(ステレオスコピック3D)についての記述として、適切でないものを1つ選びなさい。
[1]3D映像の原理とは、人間の両眼視差を利用したものであり、撮影では
  左右の目の間隔分だけ距離をあけた2台のカメラを用いることが多い。
[2]3D映像の上映方式には、偏向方式やアクティブシャッター方式など異
  なった方式があり必要な眼鏡も異なる。
[3]3D映像の原理は、2000年代になり初めて開発された最新の技術である。
[4]3Dカメラによって撮影された映像は、通常の編集作業に加えて、立体視
  の調整作業を必要とする場合がある。

例題4
下記はHDTVの諸元をまとめたものである。空欄にあてはまる最も適切な
数値の組み合わせを1つ選びなさい。
(1)有効走査線本数(a)本
(2)フレーム周波数(b)Hz
(3)映像サンプリング周波数(c)MHz
(4)アスペクト比(d)
(5)垂直同期周波数(e)Hz

   [1](a)1080 (b)29.97 (c)74.25 (d)16:9 (e)59.94
   [2](a)1080 (b)59.94 (c)3.58  (d)13:9 (e)29.97
   [3](a)1125 (b)23.98 (c)13.5  (d)16:9 (e)60
   [4](a)1125 (b)60   (c)14.3  (d)4:3  (e)23.98

音響基礎問題  【目次へ戻る】

例題5
ステレオ番組の制作において、アナウンサーのナレーションがL/Rスピー
カーの中央に定位するようにしたい場合、オシロスコープのリサージュ波
形は以下の図のいずれでなければならないか。正しいものを1つ選びなさ
い。(タテ軸L、ヨコ軸Rとする)

例題6
スピーカーの規格でないものを1つ選びなさい。
 [1]周波数特性 [2]出力音圧レベル
 [3]残響特性  [4]定格インピーダンス

デジタルメディア・コンピュータ基礎問題  【目次へ戻る】

例題7
8MBのデータを、2Mbpsの伝送能力(スループット)を持つ回線で送る場合に
かかる時間はどれか、正しいものを1つ選びなさい。ただし、制御ビット等は付
加されないものとする。
 [1]0.5秒 [2]4秒 [3]32秒 [4]48秒

著作権基礎問題  【目次へ戻る】

例題8
ある制作会社がテレビ番組の制作を放送局から発注された。この映像著作物の帰属についての記述として、正しいものを1つ選びなさい。
[1]制作費をすべて放送局が負担しているのだから、著作権はすべて放送局のものである。
[2]放送費用としての電波料は広告主が負担しているのだから、著作権はすべて広告主のもの
 である。
[3]特別な権利譲渡の契約がない限り、権利は制作会社にもある。
[4]著作権はすべて、その制作を発意し企画したプロデューサーのものである。


【正解】 例題1[1]  例題2[3]  例題3[3]  例題4[1]
     例題5[2]  例題6[3]  例題7[3]  例題8[3]

過去の試験問題と解答  【目次へ戻る】

過去2年間の試験問題と解答です。ダウンロードして試験勉強にお役立てください。

問い合わせ先

一般社団法人日本ポストプロダクション協会

 映像音響処理技術者資格認定制度事務局
 〒160-0014 東京都新宿区内藤町1番地 内藤町三洋ビル7階
 TEL:03-3355-6587  FAX:03-3355-6421
 E-mail: