FAQ(よくある質問)

目  次

ポストプロダクション業務とはどんな仕事ですか?  【目次へ戻る】

テレビ番組、CM、映画、VP、PV、アニメーションなどの「映像コンテンツ」制作での仕上げ業務のことです。 映像コンテンツの制作工程は、企画・制作・撮影等を行う「プリプロダクション」と、収録した素材の仕上げを行う「ポストプロダクション」に分類されます。 具体的には、映像の編集、特殊効果、テロップ等の挿入や、映像に合わせ音楽、効果音、ナレーション等を追加するMA(音声処理作業)を主とし、さらにテレシネ、VFX(ビジュアル・エフェクト)やCG制作等の業務も含まれます。 完成した作品を、放送局、Webなど、それぞれのパッケージメディアの規格に合わせ、納品形態を変換する作業もポストプロダクションの大きな仕事のひとつです。

ポストプロダクション業界の求人は多いのですか?  【目次へ戻る】

デジタル放送、衛星放送、CATV、IPTV等の発達・普及により、映像コンテンツは従来のテレビや映画だけでなく、ブロードバンドによる映像配信、VOD(ビデオ・オン・デマンド)など多彩な展開をしています。 3D映像も劇場映画を中心として急激に作品数が増加しています。 最近では、電車や店舗内・屋外等のディスプレーに広告動画を流すデジタルサイネージ(電子看板)も多く活用され、瞬時に情報の発信・更新ができるようになりました。 このように、コンテンツ(番組・作品等)の需要が急増している現在、質の良い作品を効率よく仕上げて行く技術者が必要とされています。

どんなタイプの人が求められるのですか?  【目次へ戻る】

近年のデジタル映像技術の進化や、放送・制作現場の多様化の中、効率のよいコンテンツ制作が要求されています。 制作サイドの意向を迅速かつ正確に聞き取る『コミュニケーション能力』と、日々進化していく機材を巧みに操作しながら、 作品の仕上げに技術的な提案をしていく『プロフェッショナルな技術力』、これらを身に付けられる人材を業界は求めています。

映像編集志望の私にも音響の知識は必要なのですか?  【目次へ戻る】

はい、必要です。作品の仕上げの流れは、各工程が常に連係しています。その中で、それぞれが前後の工程を理解していなければ、効率的でクオリティの高い作品は作れません。 映像を理解しているMAミキサー、あるいは音響を理解している映像エディター達が、自分の専門の垣根を少し越えた知識を持ち合うことで、効率のよい作品作りが実現していくのです。

資格取得すると、どんなメリットがあるのですか?  【目次へ戻る】

資格を持っているということは、コンテンツ産業に就職・転職するにあたって「最低限知っておかなければならない技術の基礎知識」を持ち合わせていることの証明になります。 業界の多くの企業が、採用の際の重要な目安として、資格の有無に注目しています。面接で「やる気と人柄」を、履歴書資格欄で「基礎技術知識」をアピールしてください。 これは「映像・音響」双方の知識を認定する、唯一の資格です。

何を使って勉強すればいいのですか?  【目次へ戻る】

試験は『映像音響処理技術者資格試験問題集』の範囲・レベルから出題されます。この問題集を使い学習をすすめてください。 問題集には、解説や巻末資料等が付加されています。さらに当協会発行の技術書には、「ポストプロダクション技術マニュアル」と「ポストプロダクション技術用語集」があります。 これらは、映像・音響関連の学科を持つ多くの専門学校や大学で教科書として使われ、業界内では必携のガイドブックとして活用されています。 問題集で学習をしながら、補助教材としてこれら2冊もお役立てください。

試験の合格率は?  【目次へ戻る】

原則として出題の60%の正解をもって合格とします。毎年受験者の約70%が合格し資格を取得しています。

問い合わせ先

一般社団法人日本ポストプロダクション協会

 映像音響処理技術者資格認定制度事務局
 〒160-0014 東京都新宿区内藤町1番地 内藤町三洋ビル7階
 TEL:03-3355-6587  FAX:03-3355-6421
 E-mail: